獅子宮

タラバガニの料理法

9月 17th, 2014 by

タラバガニは焼き、浜ゆで、ボイル、刺身、しゃぶしゃぶなど何でもおいしく食べられます。中でも、焼きタラバガニは簡単で美味しく、しかも、贅沢な気分を味わうことが出来ます。
そのコツは、焼き過ぎないようにすることです。焼きすぎると水分が全部飛んでしまって硬くなり、パサパサしてしまいます。また、焼いてからオリーブオイルを一振りすると、ワインにも合うイタリア風が楽しめます。
カニしゃぶは、脚だけをしゃぶしゃぶにするのでボリュームが大事です。鍋の中でふんわりほぐれてきたのを口いっぱいに頬張るとプリプリ感を存分に味わうことが出来ます。
タラバガニは、ドライカレーや炊き込みご飯にも合い ます。ドライカレーの材料は玉ねぎ、ピーマン、干しブドウ、カレー粉、ご飯、それに、茹でタラバガニのむき身です。カニは最後にサッと混ぜるのがコツです。
炊き込みご飯は、薄切り椎茸と茹でガニをほぐした身と薄口しょうゆを加えてご飯を炊き、イクラのしょうゆ漬けを混ぜて炊き込みます。
タラバガニはマヨネーズと相性がよいので、アボガドとマヨネーズを加えた手巻き寿司も意外な美味しさです。
『かにまみれ』のかに通販は【顧客満足91%超】「4特」のカニを産地直送♪

Posted in 生活